素材別のお手入れ方法   コットン  ニット  リネン



ニット製品のお手入れ方法



・1日着たニットは、編み目に沿って軽くブラシをかけ、吸った湿気や汗を発散させるため数日休ませましょう。

・洗濯はドライクリーニングに出すことをお勧めたします。洗濯機で洗えるとの表示になっていても家庭で洗う場合は、手洗いをお勧めいたします。

・ウォッシャブルウール(洗えるウール)につきましては、防縮加工がしてあるので通常の物よりも縮みにくくなっています。家庭で水洗いすることができますが、ウール本来の手触りや風合いを保つためには、洗濯機は避けていただき、優しく手洗いをしていただく事をおすすめします。


手洗いの手順

1)30℃のぬるま湯にドライマーク、オシャレ着専用の中性洗剤を溶かします。

2)ボタン、ファスナーを閉めて裏返します。その時に汚れのひどい部分を表に出すようにしてたたむと汚れが落ちやすくなります。

3)洗剤の入ったぬるま湯につけて優しく押し洗いします。 絶対に揉んだり、こすったりしないでください。長時間漬けていると、色落ちや縮みの原因になりますので、短時間で洗い上げることがポイントです。

4)すすぎ用のぬるま湯で優しく押し洗いをして丁寧に洗剤を落とします。 できれば最後のすすぎの時に柔軟剤を入れると、柔らかさをキープし型崩れが防ぐことができます。

5)優しく絞って軽く水気をきり、大き目のタオルで包みながらしっかり水気を取ってください。

6)干す時は手で形をきれいに整えましょう。 ハンガーなどで吊るすと水分の重さで伸びてしまいますので、直射日光を避け、平干し用のネットなどを使用すると型崩れを防げます。

* 乾燥機は大きく縮む原因になりますので、使用しないでください。



アイロン掛け

1)アイロンをかける場合は、スチーム機能を使うようにしましょう。中温のスチームに設定したアイロンを、当て布の上に少し浮かせて置き、毛並みをつぶさないようにゆっくりとシワを伸ばしていきます。 繊維がふくらみ、ふわりとした仕上がりになります。

スチームを乾かす場合は風通しの良い場所で自然乾燥させます。

ほんの少しの手間をかけていただくことで、お気に入りのニットを大切に、長く、キレイに着ていただくことができますので、お試しください。




(株)マイクグレー 商品企画部 2019/05/29